パーマの様々な種類

MENU

コールドパーマとは

渋谷はおしゃれな美容室が多いですよね
「パーマをかけたい」と考えている方の中には、
美容室にある様々なパーマメニューを見て
「どう違うのだろう?」と感じている方も多いと思います。

 

美容室によっては、いくつもの種類のパーマメニューを扱っているところもありますから、
「どのパーマが良いのだろう?」と迷われる方も多いでしょう。

 

では、一般的なパーマとなるコールドパーマについて、ご紹介しましょう。

 

コールドパーマは、美容室で一般的に用いられているパーマとなっており、
ロッドに髪を巻き付け、そこに薬剤をつけていくことで、髪にカールをしていくというもの。

 

1剤と2剤により、髪にカールの状態を記憶させることになります。

 

コールドパーマは、昔から用いられている方法となっていますが、
今では薬剤がたくさんあります。

 

そのため、ヘアスタイルによって薬剤を変え、
様々なヘアスタイルを作ることが出来ます。

 

コールドパーマのメリットとしては、比較的簡単にパーマがかけられること。
しかし、デメリットとしてはダメージが強く、持ちもあまり良くありません。

 

人によっては、1ヵ月程度で取れてしまうこともありますから、
翌月また美容室に行くことが必要となります。
そうなれば、更に髪へのダメージも大きくなってしまうでしょう。

 

パーマというと、ロッドで髪を巻、薬剤を付けていくイメージが強いですが、
こういった方法は以前からある方法となっており、メリットもありますが、
デメリットもあるためヘアケアなども気を付けていくことが必要となるでしょう。

 

ダメージが気になる方は、避けた方が良いかもしれませんね。

デジタルパーマとは

最近では、美容室のパーマメニューに
デジタルパーマというメニューを見ることが当たり前となってきていますよね。
 

 

「デジタルパーマをかけている」という方も、多いのではないでしょうか。

 

しかし、既にかけている方の中には、
「どういったパーマなのかは、知らない」という方も多いのではないでしょうか。

 

では、最近人気が高くなっているデジタルパーマについて、ご紹介しましょう。

 

デジタルパーマとはどういったパーマかというと、熱を用いたもの。

 

約70度から90度程度の熱を用いて、髪に記憶形状させる方法となります。

 

そのため、コールドパーマの場合には、濡れている時にはウェーブが出やすくなりますが、
デジタルパーマの場合には乾かすことで、ウェーブが出やすくなります。

 

デジタルパーマのメリットは、形状記憶となるため、
パーマをかけた部分に関しては半永久的に効果を持続させることが出来るということ。

 

「出来るだけ、長持ちする物を選びたい」と考えている方にとっては、
魅力的な種類といえるでしょう。

 

しかし、高温処理を行っていくため、時にはやけどなどをしてしまう可能性があります。

 

そのため、「根元から、かけたい」という方にとっては、不向きとなります。

 

「長持ちするものを選びたい」と考えている方、
「ダメージを抑えたい」と考えている方にとっては、
理想的な種類と言えるかもしれませんね。

 

長持ちすれば、美容室に行く回数も減ることになりますから、
忙しい方にとっては時間を空ける必要がなくなりますし、
経済的にも嬉しい効果を得られるでしょう。

更新履歴