パーマの歴史について

MENU

パーマの歴史について

パーマの歴史が5000年以上あるというと、そんな昔からパーマが存在したの?と驚く人も多いでしょう。
パーマの始まりは紀元前3000年ごろ、エジプトで発祥したと言われています。
当時のエジプトでは、湿った泥と木の枝を使って、髪にウエーブをつけていたそうです。

 

本格的なパーマがスタートしたのは、19世紀に入ってからです。
1905年に、ロンドンでアルカリ性のパーマ液と、電熱を利用した手法のパーマが発明されました。
日本でのパーマのスタートは、1923年にアメリカからパーママシンが輸入されました。
電髪パーマと呼ばれ、流行に敏感な大正モダンな女性たちの間で、大流行したのです。
ただし、電熱パーマは、髪が焼けたり、切れたりと、髪へのダメージはかなりひどい状態でした。

 

その後日本は戦争に突入し、薬剤も機材も不足しましたが、
戦後には科学の進歩によりパーママシンもパーマ薬剤も大きく進歩しています。
1950年代に電熱マシンに変わり、コールドパーマが主流の時代に突入します。
コールドパーマは、1930年にアメリカで発明された熱を加えないパーマの事です。
なぜ熱を加えずに、パーマがかかるのか?というと、薬剤でウエーブを定着させるためです。
そのため、コールドパーマでは、パーマ液は1液と2液の2種類のパーマ液を使用します。
熱での髪のダメージはなくなりましたが、薬剤がきつく髪のダメージは少なくありませんでした。

 

コールドパーマによって、ウエーブヘアのバリエーションも広がりました。

 

そして21世紀のパーマは、最新の技術を使ったデジタルパーマの時代です。
ロッド1本単位で熱量を調節する事が出来るので、
髪質に関係なくパーマがかかり、ダメージが少なく長持ちするようになりました。